部分痩せのサポーター、脂肪を追い出す豆類

豆類は体に良いといわれているのは既にご存知だと思いますが、中でも部分痩せに良いとされるのが黒豆です。お馴染みのイソフラボンに、過剰摂取になりがちなコレステロールを減らしてくれるサポニン、メタボを防ぐアントシアニンがたっぷり含有されます。ざっくりいうと、脂肪や病を引き起こす元を抑制、排出してくれます。

 

現に、黒豆生産が盛んな兵庫県丹波篠山に住んでいる人々は、若い、中年、お年寄り関わらず、体脂肪率が正しい数値を示しており、健康に過ごせています。

 

豆類ゆえに栄養も優秀で、ドロドロで澱んでいた血がスムーズに流れるようになる、眼精疲労を改善する、肌を艶々に変化させる力も持ちます。

 

黒豆自体を食する以上に、煮出した汁の方が、さらに栄養を含みますから、そちらを積極的に摂りましょう。100℃を過ぎると大切な成分が壊れるので、ぐらぐら煮立たせる前に火を止めるのがポイントです。

 

煮汁の作り方は、水で汚れを取り除く程度に洗った黒豆120gを2リットルの水に漬けて、5時間置き、ふやかします。その後、ちょうど良い加減である中火で5分間、温めていきます。途中浮いてくるアクを除きつつ、沸騰しないように気を付けたらできあがりです。後で味付けしても良いでしょう。

 

大昔から親しまれ、日本人の食事に今なお浸透している大豆に関しても、一度振り返りましょう。

 

効果は色々ありまして、1つめは脂肪をエネルギーに変換してくれる代謝能力を向上させる点が挙げられます。

 

2つめは、腸内を掃除して中からクリーンにする力です。いわゆる便秘を抱える人を見ますと、大概肥満なケースが目立ちます。お腹等の筋肉が衰えたり、食べる量が多いと、必然として、便が詰まり、痩せるのが難しくなります。運動や食事制限をいきなりするのに抵抗があるなら、オリゴ糖、食物繊維の入った大豆を摂る事から開始すると良いでしょう。

 

3つめは食べたくて仕方ないという強い欲を抑えられます。部分痩せの一番の敵は食べたい衝動で、負ければパクパク摂ってしまって、これまでの努力が水の泡に、となりかねません。この欲を抑えられる大豆で、うっかり間食したりや、おかわりする機会を減らすのを狙います。

 

料理名を挙げますと、味噌汁、納豆等、日本食なので、飽き難い、続けやすいのが嬉しい所です。

 

ただし、過剰摂取すれば良い訳ではなく、例えばありとあらゆる料理を全部大豆入りにしようと考えるのは止めて下さい。体の調子が優れなくなる恐れが生じるからです。

 

いきなりドカンと摂って、すぐに効き目を期待するのではなく、3食のうち1食にだけ数品採り入れる等、生活に溶け込ませた形で、ゆっくりゆっくり摂取する、これを何年もかけて習慣にするのが一番です。

部分痩せのサポーター、脂肪を追い出す豆類関連ページ

お米を置き換えダイエット
お米を置き換えダイエットしてみましょう!色んなレシピがあります。お米はカロリーが高いので、ここを工夫するだけで大きな違いになってきます。
玄米で置き換えダイエット
お米の代わりに玄米を取ることで太りにくい体になれます。部分痩せダイエットする際に玄米は大きな味方になってくれます。
ダイエットに効果的な野菜
ダイエットに効果的な野菜を紹介します。これらの野菜を意識的にとることでダイエットすることができます。
代謝の大きく上がる酢で溜まったエネルギーを出す
お酢を上手にとることで、代謝を大きく上げることができます。代謝を上げることで太りにくい体づくりにチャレンジしましょう!
海藻置き換えダイエット
海藻は低カロリーで食物繊維もたっぷり!置き換えダイエットにぴったりな食べ物です。海藻の中でもおすすめなものを紹介します。
間食の誘惑に負けそうになったら果物を代用する
間食したくなったら果物がおすすめです。果物も食べ過ぎるとよくないですが、基本的に低カロリーで栄養もたっぷり入っています。食べるといい果物はこれ!
黒烏龍茶が脂肪燃焼に効く!
黒烏龍茶を摂ることで脂肪燃焼することができます。特に油物が大好きな方は烏龍茶がいいですよ。