ご飯を別の炭水化物にチェンジしてみる

いつも主食としてお世話になっているご飯は、私達のエネルギーの源、イキイキ活動するのに役立ちます。しかし、同時に使い切れずに余った場合は脂肪の素になっています。

 

部分痩せする際は、他の炭水化物、例を挙げれば、安価で売られており、入手が楽、おまけに身近な、うどんに変えてみるのはどうでしょう。

 

カロリーは、茹でた場合ですと100gで約105kcalとなり、ご飯は同じgで160kcalなので、カロリー面では問題ないといえます。

 

さらに、入っている炭水化物量が少ない所も大きな魅力です。100gであるという条件下で見た場合、食パンおよそ47g、ご飯約37gに対し、22gぐらいのうどんは、とてもヘルシーな事が分かります。

 

いっそ炭水化物を全く摂らない方が良いのでは、という考えがよぎるかもしれませんが、いけません。最初に述べたように、エネルギーの源で、必要な栄養ですから、摂らないでいるとかえって病気がちになり、太りやすくもなって、不健康な体に変わるだけです。適量を心掛けましょう。

 

うどんの活用シーンは、例えば仕事のバタバタで夕飯が深夜になってしまった時、これまでラーメンだったのを、うどんにチェンジするだけで、だいぶ消化器官の負担は和らぎます。

 

加えてしっかりと噛み応えのあるうどんは、消化に時間がかかる分、吸収も遅れ、エネルギーとして使われやすいです。噛み応えがあるために、必然的に咀嚼数が増え、少量でもお腹いっぱいになれるメリットもあります。

 

ただ、冷凍タイプは、強いコシを表現するのに、デンプンをたくさん投入して作られているケースが多く、カロリー高めなので、生タイプを選んだ方が適切でしょう。

 

食べる際は、素うどんでも良いですが、卵や納豆、ワカメ、ネギ、唐辛子等の他の食材を付け足すと、もっと消化を高められますし、色んな味わいを楽しめます。

 

他にも具材を試してみて、オリジナルの組み合わせを開発する気持ちでいれば、楽しく部分痩せが続けられるでしょう。

お米を置き換えダイエット|部分痩せダイエット.jp関連ページ

玄米で置き換えダイエット
お米の代わりに玄米を取ることで太りにくい体になれます。部分痩せダイエットする際に玄米は大きな味方になってくれます。
ダイエットに効果的な野菜
ダイエットに効果的な野菜を紹介します。これらの野菜を意識的にとることでダイエットすることができます。
代謝の大きく上がる酢で溜まったエネルギーを出す
お酢を上手にとることで、代謝を大きく上げることができます。代謝を上げることで太りにくい体づくりにチャレンジしましょう!
海藻置き換えダイエット
海藻は低カロリーで食物繊維もたっぷり!置き換えダイエットにぴったりな食べ物です。海藻の中でもおすすめなものを紹介します。
部分痩せのサポーター、脂肪を追い出す豆類
豆類で脂肪分を退治しましょう!置き換えダイエットにもぴったりな食材です。中でも効果的なものを紹介します。
間食の誘惑に負けそうになったら果物を代用する
間食したくなったら果物がおすすめです。果物も食べ過ぎるとよくないですが、基本的に低カロリーで栄養もたっぷり入っています。食べるといい果物はこれ!
黒烏龍茶が脂肪燃焼に効く!
黒烏龍茶を摂ることで脂肪燃焼することができます。特に油物が大好きな方は烏龍茶がいいですよ。