肥満度の基準値BMI

色んな媒体で肥満、との言葉がしばしば耳に入りますが、詳しくはどういう状態を指すのでしょうか。

 

判定基準として、体重Kgを、身長mで割り算した数値を、また身長mで割る数値、BMIがあります。25以降だとアウトな訳ですが、目安を超えていないからといって安心するのは間違いです。

 

BMI上では正常なのに、体に含む脂肪が多い、無自覚の肥満タイプの方もいらっしゃいます。

 

つまり基準としてポイントとなるのは体に溜まった脂肪の率で、男性は20%以上、女性は30%以上あれば、気を付けなければならないとしています。

 

肥満ですと見た目は勿論ですが、何よりも健康にも良くなく、糖尿病等のリスクが通常より倍跳ね上がる事が調べで分かっています。

 

考えてみれば、体内に脂肪がたくさん詰まっている訳ですから、平気でいられる道理はありません。

 

太ると、体がむくむく大きくなりますが、決して臓器や骨、筋肉が成長をしてはおらず、食べて得たエネルギー分が行き場を失い皮膚下や臓器に、ひっついているだけです。当然、ずっと引っ付いていれば健康を保つシステムに害を及ぼしてしまいます。

 

皮下よりも、直接病気に影響する内臓にくっつく方が危なく、特に男性は、お腹に余ったエネルギーが貼り付きやすい特徴を持ちます。そのままでいますと、大変な病に侵される危険性が増します。

 

女性は、年齢的に生理が完全に終わると皮下に蓄えるよう働くホルモンが減り、内臓に溜まりやすい体質に変化するため、とりわけ注意が必要です。

 

自分が肥満だと分かりましたら、早速部分痩せを行いましょう。これ以上体内油分が加わらぬよう、部分痩せする習慣に切り替え、将来の未来を明るくしましょう。

肥満度の基準値はどのくらい?|部分痩せダイエット.jp関連ページ

皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは?
皮下脂肪と内臓脂肪の違いを知る。どのような順番で皮下脂肪が減っていくのかをお教えします。これを知ることで部分痩せがしやすくなります。
中性脂肪を減らすには?
中性脂肪を減らすにはどのようなものを避ければいいのでしょうか。部分痩せに欠かせない、中性脂肪の知識。
コレステロールを下げる食事
コレステロールを下げる食事方法を紹介します。これを知れば部分痩せの近道になります。